ファクタリングとローンを比較する

subpage1

不動産などの有形資産を持たない企業では、資金繰りのために融資を受けようとしてもなかなか審査にパスすることができません。


しかし、そのような場合でも売掛債権を上手に活用すれば、資金を得るチャンスが生まれます。


売掛債権を利用した資金調達法は2つあります。
1つは債券担保ローンで、未収の売掛債権を担保に借入れを行い、毎月返済をしていくというものです。
売掛金の入金があった時は、それを使って一括返済することも可能です。

もう1つは、ファクタリングです。

こちらは債権を売却して現金化するというもので、売掛先の承諾が必要なタイプと、承諾なしに利用できるタイプの2種類があります。
この2つを比較した場合、主たる違いは金利の負担があるかどうかという点です。

ファクタリングの比較の情報ならこちらを参考にしてください。

ローンの場合はあくまでも借入れなので、返済時には利息の支払いが必要になります。

これに対してファクタリングでは、金銭のやり取りは売却代金の支払い1回限りとなるため、金利を負担する必要はありません。



ただし、ファクタリング会社が独自に定めた手数料が差し引かれます。利用する際は、この手数料を年利換算してみて、ローン金利と比較してどちらが得かを検討する必要があります。
もう1つの違いは、審査の対象です。

どちらも利用には審査が必要ですが、ローンの場合は利用者側の返済能力に審査の重点が置かれます。一方、ファクタリングでは売掛先の信用度が重要になります。



したがって、事業実績に乏しい企業などにとっては、ファクタリングの方が比較的利用しやすいと言えます。