利用するファクタリングサービスを比較する

subpage1

ファクタリングとは企業の持っている売掛が未回収になった時に保証したり、早期に現金化するサービスの事です。
企業間では現金で取引をする場合もありますが、多くのケースで買掛と売掛で物やサービスがやりとりされます。

売り上げの中には利益分だけでなく、物やサービスを生産した原価も含まれているので、売掛金の未収が発生すると利益を失うどころか大きな損失になります。


だからこそ売掛の保証をしてくれるサービスは、企業に需要が高いです。

また急な資金調達が必要である時に、決済前の売掛を使って資金調達もできるので利便性が高いです。

ファクタリングの比較に関する情報が幅広く集まります。

決済前の売掛を早期に現金化するのは、買取型と呼ばれていて資金調達を目的としています。
銀行融資と違って審査の対象が売掛先になるので、取引先の信用度が高ければ中小規模の企業でも比較的利用しやすいです。売掛金の回収を保証してくるのは、保証型と呼ばれています。

保証してもらえる枠は売掛先の信用度によるので、取引先の信用度が高いほど大きな枠を用意してもらえます。



ファクタリングを利用する時に比較するポイントは、単純な手数料の金額と3社間のファクタリングなど特殊なケースにかかる費用です。
売掛が完全に未回収になるよりは良いですが、ファクタリングを利用する時の手数料も経費であるので、利用する前によく比較検討するべきです。



またファクタリングを利用する段階で既に不良債権化している売掛の扱いについても、事前に確認しておくべきです。