比較的簡単に資金調達ができるファクタリング

subpage1

企業が資金調達を行う方法には様々なものがありますが、ファクタリングは手続きが比較的簡単というメリットがあります。

ファクタリングの比較情報を簡単に請求できます。

金融機関から融資を受ける場合とは異なりファクタリングの審査で重要になるのは売掛金を支払う取引先の信用状況です。



他の方法と比較して簡単かつ迅速に資金調達ができるので、最近ではファクタリングを利用するケースが増えています。

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があり、前者の場合は取引先の承諾を得る必要がないため即日現金化も可能です。後者の場合は自社が売掛金を回収して支払う必要がないので貸し倒れリスクがなく、手数料相場は売掛債権額の1%から6%と低めに設定されています。



2社間取引と3社間取引にはそれぞれ異なるメリットがあり、自社の状況に応じて使い分けることが大切です。

いずれを選んだ場合にも他の方法と比較して簡単かつ迅速に資金を調達することができ、キャッシュフローも改善されます。


銀行などの金融機関から資金を調達する場合には比較的コストが低く分割返済が可能ですが、審査は1か月から2か月ほどかかります。ファクタリングならば3社間取引の場合でも3日から1週間ほどで資金を調達できるだけでなく、赤字決算や債務超過でも問題はありません。


ビジネスローンから借入を行う場合には銀行と比較して審査は緩やかに行われ即日融資も可能ですが、金利が高く設定されているのが通常です。2社間取引を行う場合は即日融資が可能で、取引後は融資の場合と異なり返済義務が残らないというメリットがあります。


資金調達方法には様々なものがあるので、それぞれの特徴をよく把握して自社に合ったものを選ぶとよいでしょう。